HOME > 法人概要

法人概要about

理事長
社会福祉法人 ももぞの学園理事長安井 直人

社会福祉法人ももぞの学園は、昭和43年に財団法人の児童施設として、知的障がいのある児童の支援からスタートいたしました。それから半世紀余りが経ち現在に至るまで、社会福祉法人としていっそう公共性を高めながら、事業を拡大してまいりました。「ともに生きる社会」をスローガンに、これまで地域の信頼と共感を大切にしつつ、福祉の文化を推進しています。
支援を必要とする障がいのある人たちに対して、一人ひとりが安心でき、日々の生活に潤いとゆとりを実感できるサービスを提供することを旨としています。その起点は、支援を必要とする人の思いであり意思です。言葉を持つ人ばかりではありませんので、行動をよく観て察することも職員には求められます。そのため、スタッフの専門的知識・技術の向上を常に図り、質の高いサービスの提供をめざしています。
わたしは、「ももぞのは日本一の施設だ」と胸を張って言える存在に高めたいと考えています。それを貫く精神は、人を大切に思う気持ちです。とりわけ、スタッフに対する愛情が十分で「明日も頑張ってやろう!」という充足感がなくては、支援を必要とする人を思いやることはできないはずです。
「ありがとう」を実感として感じやすい施設にしたいと思います。福祉の制度は変わっていきますが、制度のための仕事ではなく、ももぞの学園にかかわってくださるすべての方々のために、愛情を持って尽くす日々でありたいと思います。

わたしたち社会福祉法人ももぞの学園は、「ともに生きる社会」を基調に、これまでの地域の信頼と共感を大切にしつつ、地域に広がる福祉の文化を推進します。支援を必要とする障がいを持つ人たちに対して、一人一人が安心でき、日々の生活が潤いとゆとりを実感できるサービスを提供することにより、法人の事業体それぞれが「選ばれる存在」になることをめざします。そのために、スタッフの専門的知識・技術のさらなる向上を図り、質の高いサービスを提供します。

1地域への貢献

地域社会の福祉資源としての自覚を持ち、保健・医療など関係機関との連携を強化し、地域福祉への貢献に努めるとともに、地域に愛され、地域に開かれた施設づくりを進めます。

2自立支援

利用者が地域・社会の一員であることをふまえ、利用者一人ひとりのニーズと意志を尊重し、自立への支援と生活の質の向上に努めます。

3人材育成・専門性の向上

利用者の真の声、願いを基底におく「利用者中心」の支援を、組み立て実践できる幅広い視野を持つ自立的なスタッフを育成し、良質なサービスを提供できるよう専門性の向上を図ります。

4経営の透明化

透明性を堅持し、情報公開を積極的に行い、多くの市民から信頼と理解が得られる法人として、また法人の行なう各事業が価値のある存在となるよう励みます。

5経営の安定

質の高い総合的なサービスを継続し提供していくために、経営の安定化を図りながら、健全かつ活力ある社会福祉法人をめざしその力量を高めます。